FC2ブログ
やすりがけ
日常で見られる些細な事や思った事を、これでもかと 書き連ねていく人生日記でございます。 あ・・・一応プラモデル中心となっております。
201008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201010
POOH熊谷さんと仲間達
道民の間では有名なタングロンを知らなかった今野です。


9月11日(土)~26日(日)の期間、北海道芦別の百年記念館で

「POOH熊谷と仲間たちの模型作品展」が開催されています♪

芦別0


旭川の模型クラブ「ひこうせん」さんや札幌の「NorthFox」さん、室蘭の「MPMC」さんから

モナコマイスターさん等など一同に集い、総作品数が271点も集まった作品展!!

ボクも一緒に作品展示させて頂きました^^


POOHさんはさらにMG誌で有名な岡プロの作品や、あのモデサミでジ・Oを作られた

濱薫さんの作品もお借りして展示という、ものすごい展示会となっております!!!!!


もうその作品達の凄さはハンパじゃなかったです。


芦別1
すみません^^;早速ピンボケ・・・・

芦別2
芦別3
芦別4
芦別5
芦別6

この後も続々作品が追加され、それは豪勢な雰囲気♪

その中でいくつか作品を紹介します。

カーモデルを作られている松田さん。「プラ松模型日記」と言うブログをされています^^
松田さん1
1/24バスの両側面と後部のエアブラシでラッセンばりの絵を描いてます・・・

かなりの凄さとともに、人の成せる技とは思えないテクニックにしばし酔いしれました。
松田さん2
松田さん3
ボクはなんとかこの技術を手に入れようと、聞き込みを開始・・・・

「これってどうやって塗装したんでしょうか?w」  かなり漠然とした質問から入るwww

「これはですね、0.3のエアブラシでそれっぽく塗装したんですよ。イルカはガイドを当てて塗装で
後は細吹きでトーンを調整しながらやったんですよ。」

「ふむふむ、なるほど!!」・・・ってwwそうじゃななくて!www参考にならないっ!w

たしかに松田さんもボクのこんな質問には頭を悩ませたでしょうw・・・

でもしつこいボクはさらに追加質問を浴びせました。

松田さん、その説は申し訳ありませんでした<(_ _)>ww

やはりこういうものは自分でまずやってみてから改めて聞くべきなんだろう・・・( -Д-)

その時はまた色々質問しますんで松田さんよろしくお願いします♪w


次はMPMCさんから来られたモナコマイスターさんのF14。1/32のwwwww
モナコさん1
んで同じく1/32のF15・・・でっけぇ・・・
モナコさん2

そんな中、芦別上空にF14が!!!
モナコさん3
もうボクの頭の中ではケニーロギンスがデンジャーゾーンを歌っていました♪

こんな感じで撮影会。
モナコさん4
もうグラビアアイドルの撮影会の様相で、下からのローアングルで攻めました。

モナコさんをはじめ、松田さんと「トーマス」さん、「NorthFox」さんから来られた「ガボラ」さんと
皆さんニヤニヤしながらF14を撮影ww

そんなモナコマイスターさん、今回は娘さんの「モナコ」さんとご一緒でした^^

小学3年生のモナコさん、お父さんの影響なのか作品群を食い入る様に見つめていました。


デジカメ構えてカシャリカシャリと・・・ん?・・ん~?w・・・

よく見るとどうも撮り方がおかしい。  ハッΣ(;゚ω゚)!!

作品に対してものすごい接写!!!

恐る恐る後ろから液晶モニターを覗き込むと・・・

飾ってあるシナンジュの胸部デコのアップや関節周辺の加工部分のアップ!!

もう確実にモデラー目線wwwwwwww

末恐ろしいにもほどがあります。

集まる作品も鬼のようなモノなら集う人も鬼なんだなぁ・・。シミジミと芦別の大観音像の
必要性が理解できました。

そんな変態モナコさんとご一緒に来られた「mellpapa」さんも輪をかけた変態性w

だってこれですよ。
メルパパさん
超巨大な木製「ブラックパール号」wwww

スケール的には1/60・・・おもわずひっくりかえりました。

そんなmellpapaさんは現在「フライングダッチマン号」を製作中w・・・スゲー・・


そして皆さんご存知の濱薫さんの作品。
ハマさん1
ハマさん2
ハマさん3
ハマさん4

かなりなめるように拝見させていただきました。

こんなところまで写真に収める事ができました♪ヤッター!!
ハマさん5

お近くの、いやいや。道外の方もぜひ見に来てください♪

きっとそこには求めているモノが必ずあります!

さてさて、次回はOOガンダムの製作記をご紹介します^^







スポンサーサイト



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.